傷病名:うつ病

等級:障害厚生年金3級

年齢・性別:30代女性

 

【事例の概要】

大学卒業後に広告代理店へ就職したが、数か月で退職。その後もいくつか仕事をするが、長続きしない。

仕事に行く日の朝になると吐き気や頭痛がしてくるようになる。

そんなとき、テレビで自分と同じ境遇の人がうつ病であることを知り心療内科を受診。

だが、なかなかよくならないため病院を転々とする。

そんなときに、お母様が読んだ雑誌に障害年金のことが書いてあり、お母様が電話される。

 

親子二人で面談を行うが、どちらも初診の病院のことはよく覚えていなかった。

なんとか手掛かりを見つけ出し、初診と思われる病院に初診の証明を依頼する。

すると今受診している病院であることが発覚。

カルテも残っており、無事に診断書作成依頼までこぎつけた。

 

現症日時点では月給約15万円だったため、障害厚生年金3級か不支給かぎりぎりのところだと判断。

診断書に、就労における不便さを記入してもらったり、上司や同僚にどのようなサポートをしているかなどの意見書を書いてもらった。

もちろん、申立書にも就労における不便さを事細かに記した。

 

これでだめなら不服申し立てをしましょうと話していたが、無事に障害厚生年金3級の知らせが届いた。

 

 

【請求結果・年金額】

請求から約3か月後、障害厚生年金3級の決定通知が来た。

年金額は約60万円(認定日請求で初回振込額140万円)。

 

【感想】

まずは、初診の病院の特定ができたことにほっとしました。

あとは就労していることをどのようにとらえられるかが心配でしたが、無事に障害厚生年金3級が決定してよかったです。